年金情報漏洩対応で10億円使う無能年金機構

トレンディ文頭レスポン

日本年金機構の個人情報流出問題があり、これが原因でマイナンバー制度が一旦中止になろうかという話がありましたが、ようやく年金情報漏えいについての対応でかかった費用がすでに5億円を超えていることが判明。さらに今後の対応で合計10億円になる見通しが出てきて国民が怒り狂っています。

普通にセキュリティの対応ができていれば10億円という無駄な税金を使わずにすんだのに、適当な担当者が適当にメールを開いたため年金の個人情報が流出。その対応でお詫び広告を出したりお詫びの郵便を出したり、電話窓口の設置などで大量の税金が使われます。

現在のところ、年金保険料か税金かどちらでこの10億円をまかなうか、検討中だそうで、そんなことはしないで年金機構のビルが持ち物であれば売ったり何かしてなんとか無駄なお金を使わないようにして欲しいですね。なってしまったら仕方ないということで結局国民のカネを使えばいい、という感じだから10億円も使えるんですよね。何の利益もでないのにここで10億円つかいますかね・・・。

普通に自分たちは何の責任もとらずに結局はお金は湯水のごとく使うだけ使ってしまう。もっと日本でも暴動が起きていいと思いますし、マイナンバー制度でこんな事件が起きれば、10億円程度ではすまないでしょう。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天