高橋ジョージ、モラハラ「心当たりがある」

トレンディ文頭レスポン

高橋ジョージと妻三船美佳の離婚騒動ですが、この原因のひとつが高橋ジョージによるモラハラだったということが明かされていて、高橋ジョージとしてはそんなことはない、と言っていましたが、最近のニュースでは実はモラハラあったかも、と言い始めています。

高橋ジョージの言うモラハラというのは、お互いの価値観が違うため、相手がモラハラだと思った時点で自分はそうでなくてもモラハラになってしまう、そういう事実はあったと思うということのようです。

この手の話は家庭内のことですからなかなか詳細はわかりませんが、三船美佳サイドからの情報だと相当ひどいモラハラであったことが報道されていたりします。実際に高橋ジョージのモラハラがその報道されているレベルだとしたらひどいと思っていましたが、今回の自分はそうはおもっていなかったという発言からも、モラハラをしていたという意識はあまりなかったと言えます。

また、コレとは別件で借金の返済が終わったことでパパが用済みになったという報道までされていて、どちらかというとゴシップ系のニュースになってきているので、モラハラ問題が社会に与える影響というのもありますが何だかドロドロした感じでどうでもいいと思い始めた人たちも多いかと思います。

今回の件で高橋ジョージとしては子供がいなければ離婚もスムーズにできていただろうというように話していて、これもまた難しい問題だなと。三船美佳サイドはもう子供をつれて母親と暮らしているというなんとも言えない状況になっているわけで、もう裁判で争わない限り子供の問題も全て三船美佳サイドに渡り切ってしまっています。

お互いバラエティー番組に出ていて笑顔が素敵だっただけに、このような問題が表面化するともう笑ってこの人達を見ることができないのは寂しいものですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天