森喜朗、辞任すべきとの声多数

トレンディ文頭レスポン

東京オリンピックの新国立競技場について2520億円も出せないなんて、と森喜朗が発言し、さらにはこのスタジアムは見た目が生牡蠣のようで好きではなかったとバカ発言があり、世論がさらに森喜朗批判を繰り返しています。
もともとの2520億円の出処は森喜朗が稼ぎだしたものではなくただの税金です。国民が働いて収めている税金であり、選挙で出てきた政治家が上からモノを言うカネではないのです。それには森喜朗はもうすでに政界引退している身です。それなのに未だに政界に存在感を残しているというから困ります。

このままでは政治にも古臭い汚い人間がずっとしがみついていて何も変わらないでしょう。現在は下村博文文科省相が適当に逃げていたのでここまで大きくなってしまいました。仕方なく安部総理が出てきて森喜朗を説得する形になりまた2520億円の見直しとなりましたが、そもそも森喜朗はラグビーワールドカップのためにメンツを保ちたいがためにゴリ押ししていたのに、2520億円も出せないのかと身分をわきまえない悪態をついたり、デザイナーを侮辱するような発言をするなど、人間性を疑う人物であり、五輪組織委院長辞任すべきという声が非常に高まっています。

2520億円という金額を軽んじているのが国民とずれているというような言われ方をしていますが、建設関連などで言えばこんなに大規模なものはないですが億単位で軽く金額がかわることはあり、そのことを言っているならわかりますが、今回の森喜朗の発言はまったく違います。たかが2520億円くらい用意できない、という2520億円を納税する国民を馬鹿にした言い方がマズイんですね。皆このことを批判しているわけです。

そもそも森喜朗が組織委員長を務める意味はなく、もっと若くて現実的な人を置くべきでしょう。調整力などを考えると森喜朗のような人物だと色々と根回しもできるのでしょうが腐りきった現状を全て捨てるには若い新しい人を入れていくほうが良いでしょう。今までのザハデザインで言ってしまっていたら、負の遺産をのこしていたわけですから。しかも今後100年くらい馬鹿にされる新国立競技場は嫌ですよね。

1300億円という数字が出た瞬間、削減案か見直し案がその場で出るはずですが今回はズルズルと2520億円になってほぼ全国民が反対するまで逃げ回っていた下村博文文科省相にも大きな責任がありそうです。国民はもっと安い競技場を作ってほしいと考えているわけですから、それと同様の考え方で薦められる責任者が必要でしょう。ありえないほどの金額がかかるため、国民がなっとくできる人がトップに就くべきではないでしょうか。

また森喜朗は組織委員長を辞任するべきでしょう。今後また何か国民を無視するような行動をとりそうで怖いです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天