安藤忠雄氏、会見ですっとぼける

トレンディ文頭レスポン

AS20150716001500_commL
2020年東京オリンピックの新国立競技場の建設について、デザインを選定した建築家の安藤忠雄氏が会見を開きました。今回のデザインは見た目が素晴らしく、この見た目が東京オリンピック招致にもかなり影響があったと思うとしています。

が1300億円を予算として考えたが、2520億円にまでなってしまった詳細設計などを聞かせて欲しいと堂々と話しました。そもそも建築の構造上無理があるデザインであるということで費用が大きく膨れ上がったのですが、それを建築家である安藤忠雄氏はまったく理解していなかったということです。

さらには現在のデザインでそのままいく、ということに固執していて、費用負担をしてくれるならいいですが国民の税金で作るのにもかかわらずここを譲らない裏の理由は何かあるのですか?と聞きたいですね。2520億円になってしまったらまずこれは無理があったと非を認めるべきでしょう。

さらにはこんなに大きなものを作るから費用が大きくなった、ということも認めなかったようです。

そしてこんなに大きな金額になってしまったことを安藤忠雄氏本人も聞きたい、とすっとぼけた発言をしているから人選ミスであったことは容易に理解できるでしょう。建築家もいいですが、ここにどれだけの費用と建設期間がかかるかなど現実的な考え方を持っている人は委員会に入れるべきでした。

建築家であるにもかかわらず、見た目だけで選んでしまい、実際に掛かる費用については何も考えていなかったこと、それをスルーするような発言は正直残念です。他人ごとのような発言で安藤忠雄氏の信頼は落ちてしまう気がします。

結果的にこの新国立競技場のデザインを選んだ責任は安藤忠雄氏本人にあることは認めたものの、金額については自分でもびっくりしているとのこと。ざっくりと見て、これで1300億円でいけると思ったのでしょうか。規模が大きく構造上建設が難しく建設後の維持費もとてもかかることを考えたらこれを選ぶ人はいないのでは。

新国立競技場のデザインを選んだ責任はある、として、その責任をどうとってくれるのか、ということですね。それについてはなにもないので責任はあると言われてもただ喋っているオジサンという印象しかありませんしなぜこんな無駄な会見をしたのか疑問です。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天