新国立競技場が森喜朗古墳に改名

トレンディ文頭レスポン

CJ3UBolUcAALca5
新国立競技場はデザインが近未来でこんなのが本当にできるのか、スゴイなと最初は皆思ったはず。しかし建設費用が当初よりも膨らみ続け、さらに試算するとその膨らんだ費用の倍、2520億円かかるということで国民から大きな批判を受けています。そもそも新国立競技場を作るだけでなぜこんなに費用がかかるのか、ということですね。普通はここで見直しますが、森喜朗元首相は自分がラグビー界の重鎮であることで見栄を張ってしまい、ゴリ押しで3000億でも4000億でも出して完成させる、と言ってしまうほど頭が弱いんですね。

そしてアーチ構造が950億円かかるのですが、このアーチを月末までに発注し、IOCに建設計画の発表をする、とさらにゴリ押ししてきました。こんな日本人あまり見ないですよね。ほほ全員が反対し、スポーツ界の著名人たちもこぞって批判しているのにもかかわらず、ただ自分のラグビー界への見栄のためにこんなことをするんですから。まあほかにもどこからか見返りがあるんだろうと思います。

そして森喜朗元首相がゴリ押しで進めた新国立競技場は自分たち国民が背負う負債となることなどもあってネットでは森喜朗古墳と呼ばれるようになりました。現在、森喜朗と検索すると森喜朗古墳がよく出てきます。
mig
クソコラグランプリでは森喜朗元首相のコラも大量に出ています。ただバカにして面白いということもありますが、本気で森喜朗元首相は排除していかないと今後国に対してとんでもない損害を出す人物であることは間違いないでしょう。森喜朗古墳に眠らせるわけにはいかないわけです。

森喜朗古墳など建設は認めずに、本物の新国立競技場の建設へと舵を切って欲しいですね。ただし、もし今のままのデザインで2520億円というありえない金額かもしくはこれに近い金額で新国立競技場の建設が決定してしまったら、ニックネームではなく、正式に森喜朗古墳として名前をつけてほしいと思います。ネームライセンスを有志が作った会社で募金を集めてライセンスを取得し、森喜朗古墳という名前を一定期間でもいいからつけてほしいですね。

それくらい森喜朗元首相は日本の未来を潰したという害悪の歴史を日本がなくなるまで刻んで欲しいと思います。

が、実際森喜朗元首相は何を言われようとも何も気にしないタイプの性格なので何をしても自分の名誉のために税金を無限に使って1000兆円の借金をさらに増やしていくのでしょう。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天