石原慎太郎、新国立競技場費用に都外1人1000円払わせる

トレンディ文頭レスポン

8f44c9a5石原慎太郎氏が報道番組で独自の財源確保案を出して馬鹿だと言われています。
都内に通勤する都外の人から1人1000円税金を徴収するだけで600億円が確保できる、というものです。たしかにひとり1000円程度である程度の財源が確保できればいいですが、やはり石原慎太郎氏も庶民感覚がわかっていませんし、国民という存在をわかっていないんですね。足りなければ徴収すればいいという考え方だから2520億円にまで膨れ上がっているのです。

普通であればここまで膨れ上がったら断念します。もともとコンペの段階で1300億円を上限とする、とされていて、デザイナーも全員がこれを理解していたのです。しかしありえないほど建設費用がふくれあがっています。材料費の高騰や人件費の高騰などが重なっていますが倍になりますかね。

そしてずさんな計画の犠牲に都外の人たちに1000円ずつ負担させるという独裁的な思想に恐怖も覚えます。

さらには工費についてはデザイナーではなく請負業者が勝手に出したものだから、デザイナーや審議の人たちの責任はないとまで言い放ちます。しかし建設費用は絶対に必要な費用を算出しますから、そもそも予算内でできないものを出してくるほうが悪いわけです。費用を抑えるなら何かを削らなければなりません。費用を削ることで事故があることは許されないため、大成建設と竹中工務店に全ての責任と重圧をかけてやらせるような発言ですね。

石原慎太郎氏の独裁的な考え方は根本が間違っていて、そもそも予算オーバーなら作れない。そこで結論が出ているはずなのに、税金を徴収して建設業者の見積もりが高過ぎるから2520億円の責任をここに押し付けようとするのは恐怖です。

そして今までも足りなければ税金上げればいい、という恐ろしい考え方で政治をやってきたということです。税金はいくら使っても無くなせないから大丈夫という思想があるからこんな発言ができるんでしょう。普通は無理なものはやらない、もっと良い改善案を出す、というところになりますが、こんな税金は無限だ、という考え方であればやはりなにも良くなりませんよね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天